So-net無料ブログ作成
検索選択

糖尿病の三大合併症 [糖尿病の三大合併症]

糖尿病の三大合併症の内一番症状が
出やすいのが神経障害です。


高血糖が続き、糖尿病を発症して3年で
手足が冷たい感じがしたり、

足がしびれる感じの症状が表れます。


9627eaee1fc06b039f9f37ebee4cdcf9_s.jpg

目次








スポンサードリンク





神経障害




神経障害が進むと、手足の痛みや
温度の感覚が無くなります。


暖房器具で低温火傷や靴ずれをしても
何も感じない状態で、気づいたら壊疽(えそ)になり、

最悪な場合手足を切断しなけれがばならない自体になります。


症状のサインの見分け方


・足先がしびれる


・足先に痛みがある


・足の感覚がない(特に足先)


・足がつる


・皮膚が赤くなったり、ただれたりしている部分がある


・小さな傷が治りにくい


・皮膚が乾燥して、ひび割れている部分がある


・角質が増えてきた


・水虫など感染症がある


・魚の目・靴ずれがよく出る




神経障害は自分で糖尿病の疑いを発見できる
唯一の合併症です。尿病の予防になります。


眼の合併症・糖尿病網膜症




目の網膜には細い血管が張り巡らされているので、

高血糖になると網膜の細い血管が目詰まりを起こし
出血を起こしたりしまいます。

さらに高血糖が続くと酸欠状態になり、
それを補うための新しい血管が出来てしまいます。


新しい血管はもろく壊れやすいので、出血を起こし
網膜が破壊され、最悪の場合失明をしてしまう
可能性があります。


糖尿病網膜症の治療は以下の治療が有ります。

・注射治療(アバスチン注射)

・レーザー治療

・手術



最初は注射治療を試します。


結果が改善されなければ次にレーザー治療をします。


それでも改善できない時は手術といった順番になります。







アバスチン注射 見た目は痛そうでグロ注意ですが、
痛みなどはありません




飛蚊症レーザー治療の様子ですが、
糖尿病網膜症もこのような様子(治療)になります。




治療費はレーザーから数万円かかるので、治療の際は
全国健康保険協会に健康保険限度額適用認定証を
申し込みましょう。

https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat310/sb3020/r151

郵便で申し込む事も出来ますが、
急いでいる場合は直接、支部に出向くか、
電話で申し込むと早い対応をしてくれます。

必要なもの
(健康保険証・免許証などの身分証明書・印鑑)


腎臓の障害・糖尿病腎症




腎臓にも細小血管が集中している臓器なので
高血糖によりダメージを受けやすいです。


腎臓の血管が痛むことで血管をろ過する機能が
低下してしまい、微量にアルブミンとタンパクが
尿の中に出てくる現象です。


血糖や血圧を管理し正常化させる事で
元に戻ることは出来ますが、

異常に気づくのが遅れると※透析などの
治療をやらなければならない状態になります。


血液が高いと尿タンパクが増えてきますが
自覚症状がないため、放置しておくと
腎臓に老廃物が貯まり腎不全 又は尿毒症になります。


※透析療法
透析療法とは人工的に血液をろ過し綺麗にする方法です。
(透析療法開始後の5年間の生存率は50%という結果が出ています。)






スポンサードリンク



nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

糖尿病3分間ラーニング

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。