So-net無料ブログ作成
検索選択

糖尿病は体重よりお腹まわりと内臓脂肪 [糖尿病 内蔵脂肪 血圧]

b085ade732727a07bae9a210a2e9e284_s.jpg


同じ体重でもお腹がポッコリ出てる人と
お尻から太ももが太い人を比較した場合、

お腹ポッコリ型の人の人が心筋梗塞、
脳梗塞になりやすいということも知られています。

目次








スポンサードリンク




体重よりお腹回りと内臓脂肪



ポッコリのお腹で脂肪がつまみにくいお腹は
皮下脂肪より内臓脂肪の方が多く、内臓脂肪が
糖尿病になりやすい原因の1つといわれております。


なぜ、内臓脂肪が糖尿病によくないのか?



内臓脂肪からさまざまなホルモンのような
物質が出てきます。


この物質が「アデポサイトカイン」と呼び
インスリンの働きを鈍くし、動脈硬化に
なりやすくする物質と言われてます。


また、逆にインスリンの作用を高めて動脈硬化を
予防する「アデポネクチン」と言う物質があります。


内臓脂肪から出る「アデポサイトカイン」が増えると
インスリンの抵抗性となり、血糖値が上がりやすく
血圧も高くなり動脈硬化になる確率が高くなります。


動脈硬化の原因



・糖尿病

・脂肪異常症

・高血圧




このような症状は生活習慣の乱れによる血管の病気です。


血管の中の血液が詰まりやすく心筋梗塞や
脳梗塞になる確率が高くなります。


内臓脂肪を燃焼させるためには、食事制限や運動
姿勢を良くし、腹式呼吸を意識するなど
日々続けることが大事になります。


お腹をメジャーで測る




お腹の回りをメジャーで測りましょう。


測る場所は、おへその下あたり、
お腹が一番出っ張った部分です。


お腹回りのサイズが次の場合は、
内臓脂肪がたまっている証拠です。


261c3e3b30dc0fcdcdd63c4fa6e55f2b_s.jpg


男性85センチ以上


女性90センチ以上


男性の方が低い数字でも危険なのは、
内臓脂肪である危険性が高いためです。


この基準はあくまでも目安です。


80センチだったからといって安心したり、
91センチだからといって嘆いたりすることはありません。


プラマイ数センチの数字では内臓脳脂肪の量に差異はなく、
いずれも、糖尿病予備群の状態であっても
「動脈硬化の危険性が高い」と考えておくべきです。


お腹周りは最低、毎月1回は測るようにしましょう。


糖尿病や予備群の人が体重計を測るとき
一番注目すべき数値は体重でなく、内脂肪の数値です。


過度のダイエットでは脂肪が減らず筋肉量が
減っているということもよくあります。


内臓脂肪の数値が下がって初めて減量成功なのです。


内臓脂肪が過剰な場合、中性脂肪や血圧も高めという
ケースが多いので、血糖値以外の要素も含め、
自分の身体の数値を知って記録をしてください。


すぐに計測ができる自分の肥満度チェック




自分の肥満度数は、身長と体重の関係から
算出する公式で知ることが出来ます。


さっそく計算機を使って算出してください。


(BMI=ボディ・マス・インデックス)


BMI=体重(kg)÷身長(m)?身長(m)


(例)体重63kg、身長1.7m(170cm)の場合
   約21.6=63÷(1.7?1.7)


BMI

18.5未満 痩せている 
18.5~25未満 標準  
25以上 肥満


理想体重=22?身長(m)?身長(m)


日本肥満学会では、BMIが22の場合を標準体重とし、
25以上の場合を肥満、18.5未満を低体重と定義しています。


肥満はもちろんですが、痩せ過ぎも不健康であり、
BMI=22は疫学調査で男女共に死亡率が低いという
ことから、これを基準値とすることが決まりました。


そこで、BMIが22となる体重に近づけることを
目標とするのがよいでしょう。


腹痩せが糖尿病に効く


IMG_0837.JPG





スポンサードリンク





nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

糖尿病3分間ラーニング

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。