So-net無料ブログ作成
検索選択

血糖値を急上昇させないための調理 [糖尿病 予防 食事 治療]

キムチ鍋.jpeg 鍋料理で野菜をたくさん食べましょう。

血糖値のコントロールやダイエットには鍋料理は最適な調理法です。

鍋に水と昆布を入れ煮立ったら、たくさんの野菜を入れて肉類は、皮を取り除いた鶏胸や豚モモ、白身魚や貝類など安心してたくさん食べられます。

豆腐、きのこ類、こんにゃくなどいろんな種類の食材をいれて食べてください。

残ったスープで一人100gのご飯を入れ雑炊にすることでご飯をふやかしカサ増しができるので満足感は抜群です。

鍋の液体にコクを加えるとしたら、キムチの素や豆乳に味噌などを加えるとより満足感が得られるでしょう。

キムチの基になる唐辛子はカプサイシンが体内のエネルギーを活発にさせて肥満予防に効果があります。

免疫力を高める作用があるので平均体温を上昇させてくれます。

飽きないかぎり、毎日鍋料理もありです。






スポンサードリンク





IMG_0041.jpg カロリーの少ない食材でカサ増しをする。

食べる量を極端に減らしてしまうと長続きしません、そこでとても役立つ食材がこんにゃく、きのこ類、海藻類です。


焼きそばの麺やラーメンの麺を半分にし、その代わりに糸こんにゃくやしらたきでカサ増しをすることで、低カロリーで食物繊維が豊富な料理に変化します。


焼きそばの付属されている顆粒のソースも半分だけ使い、ごま油と酢を少々加えてみてもよいです。

ラーメンの具材に千切り昆布と白髪ネギ、ごま油またえごま油であえてみたり、キャベツの千切りを生のままトッピングするのも有りです。

ご飯をたくときはこんにゃくやきのこ、醤油などを使い炊き込みご飯もおすすめです。

ハンバーグなどミンチ肉を使う料理はおからやタマネギ、キャベツのみじん切りを入れてヘルシーにカサ増しができます。

血糖値の急上昇やカロリーを抑えるには決まった作り方や材料にとらわれずにいろんな材料を組み合わせて試してみましょう。






スポンサードリンク




nice!(14)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 14

コメント 4

さるとる

ご訪問ありがとうございます。
よく詠みました!
『気をつけよう 甘い言葉と 糖尿病』
このチラシを日本全国にばら撒きましょう(笑)
糖尿病の人はどうも「甘い」言葉にも弱そうです。
血糖値は最高505でした。
現在のA1cは6.0で安定してます。
今は最後?の合併症(両足の末梢神経の大分
やられている)を克服しようと奮闘中です。
くるぶしの下だけでも何億と云う細胞があるの
でしょう、これらの細胞の整理がつくまで
まだまだ時間が掛かりそうです。
コーラが一番好きだったサルトルより



by さるとる (2016-02-20 23:32) 

yumi

一つ、一つ、納得するなあ。
いいブログに出会いましたよ。
よろしくお願い致します!
by yumi (2016-02-21 05:02) 

シラネアオイ

こんばんは!
NICE!&ご訪問有難う御座います!!
by シラネアオイ (2016-02-21 18:40) 

たあさん

さるとるさん
糖尿病も早期発見が大事なことに
気付かされました。
自分も神経と両目やられました。

コーラ染み渡っちゃいますもんね。
by たあさん (2016-07-25 12:42) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

糖尿病3分間ラーニング