So-net無料ブログ作成
検索選択

キトサンが胃の中で溶けて糖を吸着する。 [糖尿病 高脂血 予防 キトサン サプリメント]


9b5f58b2c0c9ddbcbb016e358faf4f07_s.jpg

キトサンは甲殻類(カニ・エビ)の殻に含まれる
キチンから作られる動物性食物繊維です。

炭水化物の消化吸収を和らげる働きをします。

キトサンは酸性に溶けるので
摂取すると胃の中で胃液に反応し
溶けだしゾルというドロドロした状態になります。

ゾル化したキトサンが
消化吸収を阻ませるので
糖を吸着し消化吸収を和らげてくれます。



スポンサードリンク


また、キトサンは
リパーゼ
(脂肪分解酵素)の働きを邪魔する作用があるので
脂肪が吸収、蓄積されにくく、
血液中のコレステロールを減少し
血液をサラサラにしてインスリンの効率が良くなります。

他にも肥満予防や高脂血予防にもなるので
気になる方にはおすすめ成分です。

キトサンは消化吸収、肥満予防の他にも
免疫力を高めてくれる作用があります。

自然治療力を強めることで体調を
良くする働きがあり、加齢などによる
さまざまな症状の改善に効果があると
期待されている成分です。

五十肩や視力障害、
腸内の悪玉菌を減らすデータもあります。

キトサンには糖の吸収を抑えたり
免疫力を高めるなどさまざまな病気予防に
期待される成分で素晴らしい作用がありますが、
甲殻類アレルギーの方は避けましょう。




スポンサードリンク


糖尿病に優しい、小腹がすいたら、皮付きの落花生 [糖尿病 改善 予防]


a94088c87a9e0d0f95e6b7da0eb1cf60_s.jpg
落花生は、血糖値を下げてくれるし、動脈硬化予防に最適です。




スポンサードリンク







落花生にはビタミンB1が豊富に含まれています。



ビタミンB1は糖質の代謝を良くさせる作用が

あるので、とても大事な栄養素です。



他にも、抗酸化作用のビタミンEや動脈硬化や

不飽和脂肪酸はリノール酸やオレイン酸が多く含むので、

動脈硬化 血管の老化予防に役に立つタンパク源です。



落花生の茶色い薄皮はポリフェノールが

含まれているので薄皮ごと食べましょう。



カロリーが高いので一日10粒が限度とされますが

血管・血液を良好にしてくれます。



小腹がすいた時に食べるには調度良い食材です。








スポンサードリンク






脂肪燃焼を早めるためには、体を動かす前にカフェインがおすすめ [糖尿病 改善 予防]

ko-hi- .jpgtya.jpg

カフェインは脂肪促進に役立つ成分です。


血糖値を素早く代謝させるためには
内臓脂肪が邪魔になります。



スポンサードリンク



その内臓脂肪を素早く分解してくれるのが
カフェインです。


コーヒーや緑茶に含まれるカフェインは、
体を動かす20分から30分前に飲むことで
脂肪分解を早める作用があります。


コーヒーやお茶を飲むと眠れなくなる人も
運動する前なので大丈夫です。


コーヒーにはポリフェノール
クロロゲン酸も含まれています。


血糖値の低下に関わる作用が有るとされています。
(ブラック・コーヒーが前提です。)






スポンサードリンク


糖尿病3分間ラーニング

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。