So-net無料ブログ作成
検索選択
糖尿病 改善 予防 ブログトップ

色々な野菜を食べる。太りにくい体をつくるための生活リズムとは?2 [糖尿病 改善 予防]

 

69d4ed3fc529fb01cadca473cda0cc6b_s.jpg

たくさんの色の野菜を食べる

 

 

 

 

続きを読む


脂肪燃焼を早めるためには、体を動かす前にカフェインがおすすめ [糖尿病 改善 予防]

ko-hi- .jpgtya.jpg

カフェインは脂肪促進に役立つ成分です。


血糖値を素早く代謝させるためには
内臓脂肪が邪魔になります。



スポンサードリンク



その内臓脂肪を素早く分解してくれるのが
カフェインです。


コーヒーや緑茶に含まれるカフェインは、
体を動かす20分から30分前に飲むことで
脂肪分解を早める作用があります。


コーヒーやお茶を飲むと眠れなくなる人も
運動する前なので大丈夫です。


コーヒーにはポリフェノールや
クロロゲン酸も含まれています。


血糖値の低下に関わる作用が有るとされています。
(ブラック・コーヒーが前提です。)






スポンサードリンク


糖尿病に優しい、小腹がすいたら、皮付きの落花生 [糖尿病 改善 予防]


a94088c87a9e0d0f95e6b7da0eb1cf60_s.jpg
落花生は、血糖値を下げてくれるし、動脈硬化予防に最適です。




スポンサードリンク







落花生にはビタミンB1が豊富に含まれています。



ビタミンB1は糖質の代謝を良くさせる作用が

あるので、とても大事な栄養素です。



他にも、抗酸化作用のビタミンEや動脈硬化や

不飽和脂肪酸はリノール酸やオレイン酸が多く含むので、

動脈硬化 血管の老化予防に役に立つタンパク源です。



落花生の茶色い薄皮はポリフェノールが

含まれているので薄皮ごと食べましょう。



カロリーが高いので一日10粒が限度とされますが

血管・血液を良好にしてくれます。



小腹がすいた時に食べるには調度良い食材です。








スポンサードリンク






2型糖尿病は運動不足と過食でなる [糖尿病 改善 予防]


2715167ad107982190de65bc144102f5_s.jpg

誰でも糖尿病予備群になる可能性は大

血糖値が正常なのに自覚症状がないからといって放置すると
確実に糖尿病を発症します。

今の日本は異常なほど食べ物の事にあふれています。

雑誌やテレビを見ると食べ物の情報があり過ぎるくらいの内容です。

日本人の糖尿病患者9割が2型糖尿病です。

それだけ、糖尿病は発症しやすい病気なのです。

昔は食べ物がなく栄養失調が問題視されてましたが、現在は真逆で糖尿病が癌以上に問題視されています。


日本人は糖尿病を発症しやすい。

人種によって遺伝子は違います。

日本人の遺伝子の特徴は倹約遺伝子と節約遺伝子と呼ばれるものがあり、摂取したエネルギーの消化を節約して飢餓状態に備えてエネルギーを蓄える遺伝子です。

そのため日本人は過食が続くと欧米人より高血糖や高脂血になりやすいと言われています。








スポンサードリンク






スポンサードリンク











酢は血糖値の上昇を和らげる [糖尿病 改善 予防]


10c8e32f8d8e843da0afa76835931b7e_s.jpg
酢は直接飲んだほうが血糖値の上昇を和らげるのですが
胃に負担がかかります。

いろいろアレンジして摂取してみましょう。



スポンサードリンク


サラダのドレッシングは
酢とゴマ油やえごま油を直接かけてみてください結構
酢を摂取することが出来ます。

ご飯の上に千切りレタスやカイワレ
お好みで海苔やゴマをかけマグロの刺し身をのせて酢をかけて食べると。

酢の作用でご飯の血糖値の上昇を和らげてくれます。

海藻と酢はとても相性がいいです。

特にもずく酢は食べやすく
血液をサラサラにしてくれるので
とてもおすすめです。

ほかにも水分補給のときにフルーツ酢を
水や炭酸水で割りはちみつを小さじ1杯入れると
飲みやすくなリます。

バナナ・酢・黒糖でバナナ酢をつくる。

バナナは血糖値の上昇を緩やかにする
作用があるので試してください。

バナナを2センチの輪切りにしてバナナと同量の黒糖と
酢をヒタヒタになるまでいれて、電子レンジで30秒加熱します。

一晩おいて翌朝にヨーグルトにかけて
おいしく血糖値の上昇にやさしい
バナナビネガーヨーグルトが出来ます。

あと、フライドポテトに酢をかけると血糖値の上昇を緩やかにします。

酢は血糖値の上昇緩和にとても重要な
調味料です。毎食摂取することをおすすめします。



スポンサードリンク


血糖値を上昇させないために、水分を補給する。 [糖尿病 改善 予防]


fd376020d3db11522645e692ac17de15_s.jpg
体内の水分が不足すると
血液が凝縮されドロドロの状態になり
血糖値も上がりやすい状態になります。

血液をサラサラにしておくことで
代謝がスムーズに保たれます。

糖尿病予備群の方は高血糖症にならないためにも
こまめに水分補給をすることをおすすめします。

メタボの方も十分な水分の補給をすることで
狭心症や脳梗塞などの血管性の発作予防にもなります。




スポンサードリンク





04ae84fae0d4c2d9c18997815473dfc2_s.jpg
甘いジュースや清涼飲料水には糖分が含まれているので
血糖値が上昇します。

スポーツドリンクも糖分が
入っている物が多いので避けるべきでしょう。

ミネラルウォーターや甘くないお茶などで
水分補給をしてください。

水分補給はコップ1杯200mlが適量ですので
起床後や朝・昼・晩の食事前に飲むと良いでしょう。

糖尿病の方は喉の渇きを感じたら
とにかく水分補給をしましょう。




スポンサードリンク





夕食に納豆を毎日食べると血液サラサラ [糖尿病 改善 予防]

5363d2e4008556f6b798e9bf41ad5a9e_s.jpg 夕食に納豆を毎日食べると血液サラサラ

栄養が豊富に含む納豆

納豆には血液の流れをスムーズにしてくれる食べ物です。

タンパク質で植物繊維やイソフラボン、ナットウキナーゼなどが、血糖値を抑え、血管も丈夫にしてくれます。

血管の環境を維持させるために必要な成分が豊富に含まれています。

ネバネバ成分のムチンはオクラやモロヘイヤなどにも含む水溶性の植物繊維です。

消化中に食べたものをネバネバで包み込み消化を緩やかにして、血糖値の上昇をゆっくりにします。







スポンサードリンク







納豆は動脈硬化を防ぐ
糖尿病の人にとって動脈硬化症の血管障害が起こりやいので常に血管の状態をスムーズにしておくことが重要になります。

病院で血栓を溶かすときに使うウロキナーゼという成分を使いますが、納豆に含まれるナットウキナーゼも同じ作用があります。

他にもビタミンB2やビタミンKも含んでおり、ビタミンB2は過酸化脂質ぶ分解し、ビタミンKは血液の凝固、抑制のバランスを整える作用があります。

納豆を夕食に食べて血栓発作予防

血栓の発作は深夜から朝方にかけて起きやすく、就寝中は血液がドロドロになることが確認されています。

ナットウキナーゼの効果は食後8時間持続することが分かっていて、夕食に納豆を食べることにより、就寝中の血液のドロドロになるのを防いでくれます。

ムチンで血糖値の急上昇を抑えてくれるので一石二鳥です。

c092b349fe96586f43ed18ba91b07b15_s.jpg 納豆にオクラや刻みネギ、ネバネバした海藻などと組み合わせることでビタミンCやミネラルも吸収できるので夕食に納豆はとてもおすすめできる食品です。





スポンサードリンク



糖尿病 改善 予防 ブログトップ

糖尿病3分間ラーニング